理想のプロポーションを脂肪吸引で手に入れましょう

  1. ホーム
  2. 印象的な目元に

印象的な目元に

ウエスト

くっきりとした目元に

美しく凛とした目元を手に入れたい女性は多いと思います。上まぶたが腫れぼったくなってしまっていて、スッキリとしない目元がコンプレックスの人が多くいます。まぶたの脂肪吸引を行なうことでそのようなコンプレックスを解消するだけでなく、くっきりとした目元を手に入れて印象的な瞳を作ることができます。また、二重の整形を考えている方もまぶたの脂肪吸引を行なうことで、よりはっきりとした二重を作ることができるようになります。目元の整形を考えている方はまぶたの脂肪吸引を知っておきましょう。

脂肪吸引のメリット

まぶたの脂肪吸引は小さくまぶたを切開して、そこから余分な脂肪だけを切除して行なう簡単な施術です。皮膚のシワやラインに沿ってメスを入れます。そのため傷口が目立たないのもまぶたの脂肪吸引の特徴です。術後すぐは気になる程度の傷口で時間経過によって、完全に消滅するほどの小さな傷口になるので手頃に受けられるのが特徴です。まぶたの脂肪吸引で目元の重たい印象を取り除くことができます。重たい印象を取り除けば若々しいはっきりとした印象になります。さらに、まぶたの脂肪吸引をすることにより、朝起きた時に目がむくんで腫れてしまうという悩みを解消することができます。脂肪が多いとむくみができる理由となってしまいます。その脂肪を取り除くことによりむくみ自体が発生しづらくなるため、寝起きのむくみを解消したいという方にもまぶたの脂肪吸引は最適です。

施術方法とその後

美容整形を行なう場合はどんな時もカウンセリングで、患者の希望や施術内容をヒアリングしながら進めていきます。どのような悩みでまぶたの脂肪吸引を行なうのか、その悩みを適切で安全にできる施術方法の提案などをカウンセリングでは行なっていきます。悩みを明確に伝えることで、医師の経験に基づいた知識で答えてくれます。できるだけカウンセリング時には伝えたいことを伝えるようにしましょう。カウンセリングと施術の内容に納得いけば施術を開始します。切開する時の痛みを無くすために麻酔を行ないます。二段階に分けて麻酔を行なうので、局所麻酔の注射の痛みを感じずに施術を受ける事ができるので痛みが不安の方も安心してまぶたの脂肪吸引を受ける事ができます。麻酔が効き始めたら手術を開始します。まぶたのシワやラインに沿って傷口が目立たないように切開をし、小さく切り開いた場所から脂肪を少しずつ取り除いていきます。約30分ほどの短い時間で手術は完了します。手術が終われば、麻酔が切れた後の痛みを抑えるためにアイシングを行ないます。患部を冷やすことで術後の痛みが大分落ち着くので、手術後が不安の方でもまぶたの脂肪吸引は安心して受ける事ができます。まぶたの脂肪吸引は当日帰宅することができます。ほとんど傷口が目立たないので心配ありません。数日後に抜糸を行ない、まぶたの脂肪吸引が完了します。手術後から抜糸の間や抜糸が終わってからでもアフターケアを行なっているので不安なことがあればクリニックへ連絡しましょう。不安無くまぶたの脂肪吸引が行なえるように、カウンセリングからきちんと要望を伝えることができて、アフターケアをしっかりしている美容整形クリニックを選びましょう。